MENU

妻の不倫に制裁

妻の不倫を見抜いて制裁する方法。上さんが浮気相手と性行為していないなら、不義だと決めつけて怒ってしまうと、自分自身の立場が弱くなってしまいかねない。証拠が不備な状況で、嫁はんの密会を問い詰めてやり損じた事件紹介。

 

ボイスレコーダーに音入れした間男と妻の卑猥な声。

 

嫁の言動が前と違ってきて、ボイスレコーダーをポーチに入れたりしておきました。

 

後で聞いてみると、男と性行為しているようね会話が聴こえてきました。

 

これは確然たる根拠だと見なして家内に審問したら、姦通を自白しました。

 

でありながら、いざ男へ慰謝料主張をしようとすると、突として態度を曲げてしまったのです。

 

旅館に自分だけで泊って、浮気相手とペアではないと。

 

そういった言い訳は馬鹿げていると受け止めましたが、ロイヤーの先生に伺ってみても、なんと言っても二人でラブホに泊る現場を撮影などドキュメントに残しておかないと、賠償面で確定的な不貞の確たる証拠と決めつけられないという答え。