MENU

妻の浮気相手に制裁

妻の浮気相手が許せないので制裁をするための方法。家内の姦通が気になる時の解決技術。嫁の姦淫が露呈した折はまさしく辛いですよね。ワイフの言葉がひどく他人行儀になってしまって、既婚者の結びつきが退転してきたと自覚し始めていたら、間断なくケータイをいじるようになって、部屋の片づけや食事の用意をほとんどすることがなくなって、出張することが多くなった折り。

 

奥さんの姦通が不審に思う場合には、明白な証拠キャッチする。

 

確固たる証左掴むことができるまでは、姦淫を察していることを言わない方が賢明だ。

 

嫁は情事をしているのかもしれないと怪しんだ時、通常は妻が使っている携帯電話を調査して、密夫と卑猥なメールのやり取りをしているかどうか、トラベルの予定表がメモされていないかどうか点検しますよね。

 

それ以外にも、上さんが持っているポーチにGPSを忍び入れたりして、生活を追尾することもするでしょう。

 

けど、それだけだと裁判で確実な不義の証左ではないということを分かっているでしょうか?。

 

男性としては、嫁さんが誰かといかがわしいLINEのやり取りをして、一緒に旅行に行きたいとか語り合っていたら、そういうことは密通と判断したくなりますよね?。

 

ましてや、家内の密会が疑わしげなのでGPSで生活を追尾している真っただ中で現在位置が旅館だったら、憤ってしまいますよね。

 

それでも、賠償面では不貞行為を確認できなければ、不倫だと評決されません。

 

浮気相手と嫁が性の営みをしていた時に、司法的な意味で姦淫とジャッジされます。